Appleが公式に薦めるバッテリーを改善する知識と方法

小技





MB_Torisetsy_banner

みんな気になるバッテリーの節約技ですが、実はAppleも公式にiPhoneのバッテリー駆動時間の改善方法をサイトにて公開しています。ここではその要点をまとめてみますね( ・∀・ )ゞ

高温状態に置くのが一番ダメよ

Appleさんはズバリこう言っています。

バッテリー性能に最もダメージを与える原因は高温です。そのため、iPhoneを直射日光の下や高温になる車の中(ダッシュボードなど)に放置しないことがまずなにより重要です。

暖房や夏場なども気を付けたいですね。

ソフトウェアは常に最新にね

iPhoneのソフトウェア(いわゆるiOSと呼ばれるもの)は不定期ですがアップデートされ、バッテリーの改善項目が入っていることが少なくないです。トリセツでもアップデートがあり次第「新しいiOS6.0.1がリリースであの不具合が解消!」などの記事で内容も含め紹介していきますので、小まめに対応しておきたいですね。

使わない時はiPhoneをロックね

これはやはり大事ですね。自動ロックまでの時間も設定できるので、Appleもやはり1分を推奨していますし、小まめに手動でロックしましょう。

「設定」アプリより⇒「一般」⇒「自動ロック」で設定できます。

「設定」から最適化しよう

上記のロックの設定と同様に、「設定」アプリから他にも細かい設定をするだけで多少なりともバッテリーの駆動時間が改善されるハズです。トリセツでも「iPhoneだと出来ないこと対処法!バッテリー編」でも紹介しているのでコチラを参照してください。

▼参照元

アップルの公式サイト

上部へ戻る