iPhone内で、圧縮されたZipファイルを展開(解凍)する便利な小技☆

アプリアイコン

友達や取引先等から送られてきた圧縮ファイルは、PCに移動させることなく、特別なアプリを入れる必要もなく、「ファイル」アプリを使ってiPhoneの中で展開(解凍)ができます。

「ファイル」アプリでZip形式の圧縮ファイルの展開(解凍)も簡単♪

まずは、展開(解凍)したい「Zip形式」のフォルダをiPhoneの「ファイル」アプリで保存します。この際、どのフォルダに保存したか覚えておきましょう。今回は「請求書」というフォルダの中に「請求書.zip」というフォルダを保存しました。このフォルダを展開(解凍)して請求書データを取り出します( ̄▽ ̄)

01

次に、今保存した「請求書.zip」というフォルダを展開(解凍)していきます。まずは画面右上の「…」アイコンをタップして今回のフォルダを選択します。

02

選択したいフォルダについてのメニューが表示されるので、一番上の「選択」をタップします。該当のフォルダのアイコンをタップしても選択できませんのでご注意ください。

03

上の画像のようにメニューで「選択」をタップして、初めて該当フォルダをタップで選択できるようになります。フォルダを選べたら、次は画面右下の「…」をタップしましょう。

04

すると、今度は画面下からメニューが表示されますので、一番上の「展開」をタップします。「展開」「解凍」はほぼ同義語です。エンジニアさんは「解凍」と言いますが、アプリなどでは「展開」という用語がよく使われます。こちらの「ファイル」アプリでも「展開」と表示されますのでこちらをタップしてください( ̄▽ ̄)

05

これで、Zip形式のファイルから、圧縮したデータが取り出せました♪同じフォルダ内の隣に取り出されたデータファイル(今回は「請求書」)があるはずです。Zipファイルにパスワードがかけられている場合は展開する際に入力すれば大丈夫です♪

06

iPhone内で、圧縮されたZipファイルを展開(解凍)する便利な小技でしたが、使ってみたくなりましたか( ^ω^ )
今後もみなさんのお役に立つiPhone小技をご紹介していきますので、お楽しみに!

(作成者:Clara)

この記事で紹介したアプリに関連するカテゴリ

  • キーワード表示
  • リスト表示

合わせて読みたい似てる記事