手が小さくてもiPhoneで文字入力がしやすくなる便利な小技☆

アプリアイコン

iPhoneX以降、画面サイズがどんどん大きくなり、小さい手の人にはなかなか厳しい時代になってきましたが、キーボードを片側に寄せたり、画面そのものを下にスワイプする小技で、文字入力が簡単になります♪

手が小さくてもキーボードを画面片側に寄せれば大丈夫!

iPhoneで文字入力をする際、キーボードを片側に寄せて使えることをご存じでしょうか?手が小さい人にはお薦めの小技ですので是非トライしてみてください!今回は「メモ」アプリで確認しましょう♪「メモ」アプリを開いたら、キーボード左下にある「地球儀」アイコンを長押ししましょう♪

すると、以下の画像のように、選択メニューが表示されます。一番下のキーボードのアイコンで「右寄せ」「左寄せ」を選択します。今回は試しに「左寄せ」のキーボードアイコンをタップしましょう( ̄▽ ̄)

すると、以下の画像のようにキーボードが画面左側に寄りました。最初の画像と比較するとその違いが分かるかと思います♡ アプリごとにどんなかんじになるか試してみると良いですね♪

なお、画面上部を下に下げる「簡易アクセス」という方法も。こちらは、ホームボタンがある機種は「ホームボタンを2回タップ」、ホームボタンがない機種は「画面の下の部分をさらに下方面にスワイプ」すると、以下の画像のように画面時上半分が下に下がってきますので、書いた文章を修正する時は使える方法ですね♪

手が小さくてもiPhoneで文字入力がしやすくなる便利な小技でしたが、使ってみたくなりましたか( ^ω^ )
今後もみなさんのお役に立つiPhone小技をご紹介していきますので、お楽しみに!

(作成者:Clara)

この記事で紹介したアプリに関連するカテゴリ

  • キーワード表示
  • リスト表示

合わせて読みたい似てる記事