【iPhoneカメラ】アレで手ぶれを“完全に”防ぐ方法

小技

camera

失敗写真の主な原因は「手ぶれ」と言われています!
過去記事の【カメラテク】第1回 それが“手ぶれ写真”の原因かも!?でご紹介した手ぶれ対策がこちら↓

2014_06_30_cameratec-02-1

今回はこの方法以外で「手ぶれを完全に防ぐ方法」をご紹介します!
その方法とは「手ぶれしない」=「手に持たない」つまり、
「三脚」を使うんです(*´Д`)ジャーン♪

こちらの三脚は、先日のトリセツ2周年感謝祭プレゼント企画!のオススメ商品です!

2014_11_11_iPhonecamera-01

「そりゃ、こんな立派な三脚を使ったら上手く撮れるわいっ!(`Д´メ)」

という声が聞こえてきそうなので、お次はこちら。
実はコレ、100円ショップで購入したiPhoneスタンドなんですが、縦横や角度が替えられるのでかなり重宝しております♪

2014_11_11_iPhonecamera-02(1)

更には、大きめの洗濯バサミでも三脚代わりに!
挟む位置で角度が変えられ、横置きにも対応してます(笑)

2014_11_11_iPhonecamera-03(1)

さて、iPhoneが固定できたら撮影へ。

ここでぜひ活用したいiOS8の新機能「セルフタイマー」です!
カメラアプリの画面上部にある「時計マーク」をタップしたら、「3秒」または「10秒」のどちらかを選択。

2014_11_11_iPhonecamera-04

そして、画面下のシャッターボタンをタップすると、カウントダウンが開始!

2014_11_11_iPhonecamera-05

このセルフタイマーで撮影すると「バーストモード」で10枚も撮ってくれます
パシャパシャパシャ…と連写のシャッター音がするので、びっくりしないでくださいね(笑)

いかがですか?
三脚」と「セルフタイマー」を使えば、“手ぶれを完全に防ぐ”だけでなく、離れた場所での記念撮影や自撮りも完璧に撮れちゃいます!
これからのイベントシーズンも、皆さんが素敵な写真をたくさん撮ることができますように~♪(○´∀`)ノ゙

過去記事:
【iPhoneカメラ】何か違う…いまいちな写真からの上達テクニック
【iPhoneカメラ】iOS8.1 カメラロールはありますか?

上部へ戻る