【iPhoneカメラ】人から褒められる紅葉写真を作る鉄板テク

小技

Images

12月に突入し、世間はすっかり冬モードですが…
秋にたくさん撮った紅葉の写真、そのまま眠らせておくのは勿体無い!

という訳で今回は、紅葉写真をより魅力的に、周りから褒められる写真に昇華させる「編集加工の鉄板テクニック」をご紹介しちゃいますよ♪

鉄板①トランスファー×彩度

まずはこちらの写真を御覧ください!

2014_12_6_iphonecamera-08

このままでも十分綺麗に思える紅葉の写真ですが…もうちょっと鮮やかだといいと思いませんか?

そんな時は、紅葉編集の鉄板テクその①「トランスファー×彩度ガン上げ」をお試しあれ!

2014_12_6_iphonecamera-06
2014_12_6_iphonecamera-07

編集の詳しい方法はこちら!
【iPhoneカメラ】iOS 8:誰もがプロ級!?編集機能が凄い

するとどうでしょう…

2014_12_6_iphonecamera-05

とっても鮮やかで印象的な写真に大変身!
この方法を使えば、大体の紅葉写真がより美しく生まれ変わります♪


【鉄板の理由】

まず「トランスファー」というフィルタは、写真に黄色の色味をプラスしてどこか懐かしい雰囲気に仕上げることが出来るフィルタなので、全体的に赤や黄色が多くなる紅葉写真と相性抜群

2014_12_02_camera01

彩度(鮮やかさ)を上げるだけなら「クローム」というフィルタでも代用できるのですが、それだけだと青の色味も強調されるので逆効果になってしまうことも

2014_12_02_camera02

なので、「トランスファー」で黄色を足してから彩度を上げるこの方法が鉄板!より紅葉の魅力を引き出すことができるんです!

鉄板②ブラックポイント

お次はこちらの写真!
撮影の手法からしてちょっと特殊な、「逆光」を効果的に使った写真です!

2014_12_6_iphonecamera-04

この手の写真の場合は、また別の鉄板テクが存在します!

2014_12_6_iphonecamera-02

光が印象的な写真は、「ライト」の加工で陰影を調整するとより印象的な写真に変貌するんですよ!

2014_12_6_iphonecamera-03
2014_12_6_iphonecamera-01

こちらの写真は、写真の色の濃度を調節する「ブラックポイント」をいじるだけでもかなり綺麗になりました!


【鉄板の理由】

光が印象的な写真は、ただ単に鮮やかさを強くすると目に痛い写真になってしまうことがしばしば…

2014_12_02_camera03

なので、写真の「鮮やかさ」ではなく「陰影(濃度やコントラスト)」を調整してあげるとより自然かつ印象的な仕上がりになるんです!


いかがでしたか?
鉄板とはいえど、やはり仕上げの好みは人それぞれなので、これを機に皆さんもご自分の好みにあった加工の方法を探してみてくださいね( ・∀・ )ゞ

皆さんが素敵な写真をたくさん撮ることができますように~♪(○´∀`)ノ゙

過去記事:
【iPhoneカメラ】紅葉を撮る前に知っておくべきテクニック
【iPhoneカメラ】何か違う…いまいちな写真からの上達テクニック


プレゼントリクエスト☀絶賛受付中!

2014_11_28_otoshidama

詳細はコチラ→iPhoneで出来る年末年始の準備特集☀シェアでおねだり!

上部へ戻る