記事で紹介しているアプリ
Facebook iMovie

【Facebook】アップロードで劣化しない!動画編集の小技

小技

icon_2014_10_08_Facebook

標準カメラでタイムラプスやスローモーションが撮影できるようになり、編集員も動画をFacebookにアップロードしたんですが…

2014_12_03_facebook-01

せっかく動画をアップしたのに劣化してカクカクしてる…そんな悲しい思いをした方も多いのでは?

原因を探るべく、Facebookのヘルプをチェック!

2014_12_03_facebook-02

要するに最適な動画を作成するポイントは、
・HD動画で録画
・幅720ピクセル以下
・フレームレート30fps以下
・44.100Hzのステレオ音声
・長さは25分未満、とのこと。

というわけで、「iMovie」アプリを使ってアップロードで劣化しない動画編集の小技をご紹介します♪

「iMovie」で動画を編集しよう!

アプリを起動したらビデオ一覧から動画を選択。
画面下の共有ボタンをタップして「ムービーを作成」をタップ。

2014_12_03_facebook-03

ビデオフィルタ、アニメーション付きのタイトル、サウンドトラックなど本格的な動画編集も可能!

2014_12_03_facebook-04

動画の編集が完成したら、共有ボタンから「ビデオを保存」を選択。
表示された書き出しサイズから「vHD – 720p」を選択。

2014_12_03_facebook-06

これでFacebookアップロードに最適な動画が、カメラロールに保存されました。

いかがですか?
少し手間ですが、Facebookでたくさんの人に見てもらえるなら、出来るだけ高品質の動画を公開してみてはいかがでしょうか~♪

iMovie/¥500

APPをダウンロードする

※こちらで表記しているアプリの価格は、記事作成当時の価格になります。ダウンロードの際は、必ずお値段をお確かめください!


プレゼントリクエスト☀絶賛受付中!

2014_11_28_otoshidama

詳細はコチラ→iPhoneで出来る年末年始の準備特集☀シェアでおねだり!

上部へ戻る