【iPhoneカメラ】イルミネーション撮影テクと“光の粒”の作り方!

小技

camera

街のイルミネーションがいっそう輝くこの時期、やっぱり撮っちゃいますよね!

というわけで今回は、過去のテクニックをおさらいしつつイルミネーションの撮影テクと“光の粒”の作り方をご紹介します!

①「手ぶれ」にご注意を!

毎回しつこいくらい言っちゃいますw
夜や暗い場所での撮影では、特に「ぶれ」が起こりやすいんです。
脇を締めてしっかり固定するか、iPhoneスタンドがあると便利!

2014_12_17_iPhoneamera-01

詳細記事:
【iPhoneカメラ】アレで手ぶれを“完全に”防ぐ方法
【カメラテク】第1回 それが“手ぶれ写真”の原因かも!?

②「AE/AF」をロックしよう!

暗いからと言ってフラッシュを使うのはNG
iOS8からは個別に調整できるようになったので、「AE(自動露出)」で明るさを調整して、「AF(オートフォーカス)」でピントを固定してみましょう。

2014_12_17_iPhoneamera-02

詳細記事:
【iPhoneカメラ】iOS 8:写真も動画も「露出調整」が凄い!
【iPhoneカメラ】「暗い=フラッシュ」は間違い!?正しい使い時

③「HDR」をオンに!

イルミネーションの撮影に欠かせない機能がこの「HDR(ハイダイナミックレンジ)」。
この「HDR」と「AF/AE」を併用することで、明るい光をほど良く抑え、暗い部分は見えるように調整してくれます!

2014_12_17_iPhoneamera-03

詳細記事:
【iPhoneカメラ】使わないと勿体ない!本当はすごいHDR機能
標準カメラでイルミネーションを綺麗に撮る小技

「光の粒」をつくる小技!

きらきら光るクリスマスツリーは、「光の粒」でロマンチックに♪

2014_12_17_iPhoneamera-04

「光の粒」のつくり方は超簡単!
手前にあるものにAE/AFロックをかけて、わざとピントをずらします。
そして、遠くの被写体にカメラを向けると…

2014_12_17_iPhoneamera-05

少し小さめでしたが、光の粒が出来ました♪
ピントのずらし具合、光の大きさや距離によって、光の粒が変わるのでいろいろ試してみてくださいね!

2014_12_17_iPhoneamera-06

いかがでしたか?
冬の街を彩るイルミネーションやライトアップを見かけたら、ぜひお試しください!
皆さんが素敵な写真をたくさん撮ることができますように~♪(○´∀`)ノ゙

過去記事:
【iPhoneカメラ】実は楽しい!スローモーションはこう使う!
【iPhoneカメラ】人から褒められる紅葉写真を作る鉄板テク

上部へ戻る