【解説】Apple IDの「2ステップ確認」って何?どう設定するの?

小技

iCloud

Apple IDのセキュリティ機能「2ステップ確認」

今後FaceTimeやiMessageにも導入されるとの発表がつい最近あったこともあり話題となっていますが…そもそも「2ステップ確認」って何?という方も多いはず!

というわけで今回は、そんな「2ステップ確認」に関するあれこれを詳しく解説!

Apple IDの2ステップ確認とは?

2ステップ確認とは、万が一Apple IDのパスワードが流出・盗難された時などに、アカウントへの不正アクセスや悪用を防ぐための追加セキュリティ機能です。

これを有効にすると、普段使っている端末以外から自分のApple IDにログインする際などに、必ず普段使ってる端末での本人確認を求められるようになります。

2015_02_19_2step01

つまり、2ステップ確認が有効になっているApple IDを悪用しようとすると…

  • すぐに本来のApple IDの持ち主に通知がいく
  • 例えパスワードを知っていても、本人確認をクリアしないとログインできない

という、強固なセキュリティに阻止されるわけです!これが、2ステップ確認の強み!

2ステップ確認の設定方法

というわけで、自分のApple IDの2ステップ確認を有効にする方法を説明しましょう!
まずはSafariからMy Apple IDにアクセス!

2015_02_19_2step02

「Apple ID を管理」をタップしてApple IDにサインインしましょう!

2015_02_19_2step03

サインインできたら、「パスワードとセキュリティ」を選択!

2015_02_19_2step04

「2 ステップ確認」のところにある「利用を開始する…」をタップしたら、あとは手順に従って設定するだけです!

2015_02_19_2step05
2015_02_19_2step06

この時発行される14 文字の復旧キーは、印刷するなり紙にメモするなりして決して無くさないように保管して下さいね!


いかがですか?意外と簡単に設定できちゃう「2ステップ確認」

Apple IDにクレジットカードを紐付けている方などは、セキュリティ向上のために設定しておくといいかもしれませんね!

関連記事:心当たりの無いメールに注意!Apple IDが不正アクセスされたら…

(作成者:編集員K)

上部へ戻る