意外と便利。Macで見ていたページの続きをiPhoneで見る方法

小技




MacとiPhone、どちらも使っている方も多いですよね。それぞれにYosemiteとiOS8が入っていれば、MacのSafariで見ていたページをそのままiPhoneで見られる小技を紹介します!

まずはMac側の設定

左上のりんごマークから、システム環境設定を開きます。

システム環境設定

Bluetoothをクリック

Bluetoothが入になっていなかったら入れてください。

ここに自分のiPhoneがあるのを確認

自分のiPhoneが表示されていなかったら、iPhone側もBluetoothをオンにしてください。

次に、この動作ができるためのHandoffという機能をオンにします。

一般をクリック

ここにチェック

iPhone側の設定をします。

歯車アイコンの設定から

Wifi,Bluethoothは入れておいてください。

※Wifiは、iPhoneと同じ回線につなげてください。
Wifiが無い環境では、iPhoneのインターネット共有でOK。

一般をタップ

2015_04_09_handoff07

Handoffをオンに

これで準備は完了。

さっそく、MacのSafariでGoogle検索してみましょう。

Macでの検索結果が…

果たして反映されているかどうか。
iPhoneのロック画面を見てみます。

ここにSafariのアイコンが。

上にスワイプ!

iPhoneにも!

いかがですか?
近くに置いて作業しているなら、席を立つときなどにそのまま内容を引き継ぎたいと思ったこともあるはず。

メールなど他の公式アプリ、一部のサードパーティーアプリでも使えます。
ぜひ有効活用してみてください!

Photo:pixabay

yATTAH!! GRAPHICS

(作成者:Kuzboh)

上部へ戻る