一緒に撮ろう!標準カメラ“タイマー”の使い方

小技

Camera

集合写真を取るときに必要なのがセルフタイマー機能。実は、iOS8からiPhoneの標準カメラにもセルフタイマー機能がついています。
意外と知られていないこの事実ですが、もったいないとしか言いようがありません!

今回は、標準カメラのタイマーの使い方をご紹介します。
集合写真をスムーズに取るためにもぜひとも設定の仕方を覚えておきましょう♪

iPhoneで「カメラ」アプリを起動する

2015_05_08_selftimer01

まずはホーム画面からカメラを起動!

その後上部右から二番目の「セルフタイマーボタン」をタップします!

セルフタイマーを設定する

2015_05_08_selftimer02

セルフタイマーボタンをタップすると3秒か10秒のどちらかを選択することで、シャッターが切られるまでの時間を変更できます!非常にシンプル!

セルフタイマーで撮影する

2015_05_08_selftimer03

設定後はシャッターを切るだけです。するとセルフタイマーが起動し、カウントダウンが始まります。
一般のカメラと変わらないクオリティーです!

セルフタイマーで撮影した写真を表示・確認する

左下の小さなウィンドウをタップすると直前にとった写真を確認できます。これで写真の取り損ねや失敗を防ぐことができますね!

2015_05_08_selftimer04
2015_05_08_selftimer05

いかがでしたか?
集合写真はiPhone一台ですぐにでも取ることができます。とても便利な機能なので利用する機会があったら待ってましたとばかりに使ってみてくださいね♪

(作成者:編集員C)

上部へ戻る