iPhoneの動作が重い?そんな時に見直したい5つの方法

小技


20150529_iphonomoi_icon

iPhoneの動作が重いなぁ…もったりだなぁ…と感じたら!
今すぐにできる5つの方法をまとめてみました。

気になる方はお試しを!

1.バックグラウンドアプリを停止

すぐできるのに、忘れがちなワザがコレ。バックグラウンドで動いているアプリを停止しましょう。

20150529_iphonomoi_1

ホームボタンをダブルクリックして出てくる「マルチタスク(今動いているアプリ一覧が見られるモード)」。多くのアプリが起動していませんか?今使わないアプリ画面は上にフリックして停止しておきましょう!

2.Spotlight検索を最低限に!

ホーム画面を真ん中から下にスワイプすると出てくるSpotlight検索。
iPhone内を検索できる便利な機能ですが、初期設定で全てが検索対象になっているんです。

20150529_iphonomoi_2

使わない項目は、「設定」→「一般」→「Spotlight検索」からオフにしてみて!設定を変えたあとは再起動するのをお忘れなく!

20150529_iphonomoi_3
 

3.Wi-Fiの自動検索をオフに!

Wi-Fiの自動検索機能も、実はあんまり使わないのにメモリを消費する原因のひとつ…「設定」から「Wi-Fi」→「接続を確認」をオフにして!

20150529_iphonomoi_4

4.Safariの動作が重いときは?

iPhoneの動作の中でも特にSafariの動作が遅いというときは、キャッシュの削除を試しましょう!

20150529_iphonomoi_5

「設定」→「Safari」→「履歴とWebサイトデータを消去」をタップ!再起動して確かめてみて♪

5.キーボード入力が重い時は?

iPhoneのキーボード文字入力の動作が重いというときは、予測変換学習機能をリセット!

20150529_iphonomoi_7

「設定」→「一般」から「リセット」→「キーボードの変換学習をリセット」と進んで、「辞書をリセット」をタップ!

 

設定を変えたあとは再起動するのを忘れずに。
それから、こまめに再起動するのもおすすめです!

ぜひ試してみてくださいね( ・∀・ )ゞ

(作成者:meisa)

上部へ戻る