【小ネタ】iPhoneのスヌーズ機能は9分間隔!その理由は?

小技

アイコン

iPhoneのアラームを目覚ましとして使っている人も多いと思いますが、なかなか起きられなくてスヌーズ機能が欠かせない!という方も多いのでは?

あまり知られていませんが、実はiPhoneのスヌーズの間隔は「9分間隔」に設定されているんです!
なぜ、10分でも5分でもなく「9分」という中途半端な数なのでしょうか?

画面1

もしも、15時にアラームをセットして、10分間隔のスヌーズだった場合、
15:10、15:20、15:30
とアラームが鳴りますよね。

9分間隔だった場合は、
15:09、15:18、15:27
となります。9分間隔だと、1桁目が1ずつ減っていくのです。

画面2

アナログ時計の場合は針が進むので、すぐにどのくらい時間が経ったかわかりやすいですが、デジタル時計では一目ではよくわかりません

ましてや、忙しい時や、寝起きなどでは頭がよく回らなくて時間が進んでいないと勘違いしてしまう場合もあるでしょう。
人はデジタル時計を見たとき、脳内で時計をデジタル表示からアナログ表示に変換して時間を理解するそうです。

そこに、この「1桁目が1ずつ減る」が適用されるとどうでしょう、一目でどれくらい経ったのかわかりにくいですよね。
頭の中で今の時間を理解することで目覚めへ導いているのです。

そういった理由で9分であると考えられています。

画面3

いかがですか?

考えられている、というだけで、Appleが正式に回答したわけではありません
ですが、アラームひとつをとっても、あえて9分間隔のスヌーズにすることによって、1分ずつずれる時計表示に「もうこんな時間だ!」と思わせることができるように凝って作られているのかもしれません。

(作成者:WM)

上部へ戻る