記事で紹介しているアプリ
Google フォト - 写真や動画を保管

大事な写真をうっかり削除!?「Googleフォト」の注意点

小技

アイコン

容量無制限で、同期も簡単、他にも機能がもりだくさんな「Googleフォト」を使っている方も多いと思います。
ですが、容量無制限だからと言っても、写真を整理することはありますよね。
実は、アプリで写真を削除すると、同期している他の端末からもその写真が消えてしまうことをご存知ですか?
今回はその対策をご紹介します!

写真をiPhoneと「Googleフォト」の両方から削除

photo1
ゴミ箱アイコンから削除しようとするとこのような画面が出ます。
ここから削除した場合のポイントは、

  • iPhoneの「写真」からはその写真が、「最近削除した項目」に移動されている
  • 「Googleフォト」アプリもその写真は、「ゴミ箱」に移動している
  • 「写真」は30日、「Googleフォト」は60日まで復元可能。

要らない写真はまとめてゴミ箱へ!

iPhoneのみから写真を削除

photo2
一方、iPhone内に同じ画像があるときだけ表示される「…」から削除すると、このような画面になります。
ここから削除した時のポイントは3点、

  • iPhoneの「写真」からはその写真が、「最近削除した項目」に移動されている
  • 「Googleフォト」アプリでは、その写真は削除されずに残っている
  • 30日まで復元可能

「Googleフォト」でバックアップをとった写真をiPhoneだけから削除したい時に便利ですね。

「Googleフォト」のみから削除

photo3

まずは同期を解除します。メニューを開いて設定をタップしましょう。

photo4

「バックアップと同期」をタップして次に進みます。

photo5

「バックアップと同期」をオフにします。
この状態で、「Googleフォト」から削除をしましょう。同期中は確認画面が出ましたが、同期していない場合は何も出ずにすんなりゴミ箱へ移ってくれます。
消した後は、バックアップと同期をオンに戻すのを忘れずに!

いかがですか?
この3つの方法を知っていれば、間違えて要らないものを同期したり、同期しているのに消してしまったりという失敗を防ぐことができます!
少しややこしいですが、大事な写真をなくさないために、しっかり覚えて使ってくださいね(>_<)

Googleフォト/無料

iconAPPをダウンロードする

※こちらで表記しているアプリの価格は、記事作成当時の価格になります。ダウンロードの際は、必ずお値段をお確かめください!

(作成者:W・M)

上部へ戻る