「鷹の爪」好き必見♪まるで頭を使わない法廷ゲーム『逆転吉田』

ゲーム

150804gyakuyosi_icon

「逆転裁判」といえば、現場検証して証拠品を集め、法廷でそれらの証拠品をつきつけて不利な形勢を逆転して無罪を勝ち取る法廷バトルアドベンチャーゲームです。
一方、「鷹の爪」は某シネコンの上映前やテレビ、CMなどでおなじみのキャラクター。
そのふたつがなぜかコラボしてできた『逆転吉田』が7月から配信され、さっそくネットでも話題になっているんです!
かたや本格法廷アドベンチャー、かたやギャグアニメ、一体どんなコラボゲームになっているのかご紹介しますね♪

150804gyakuyosi01

漢字が苦手な吉田くんが法廷に…!

独特の髪型でおなじみの「逆転裁判」成歩堂龍一の弁護士事務所にアルバイトに来た「鷹の爪」の吉田くんが、海外出張の成歩堂の代わりに法廷にたつことに!
こうして始まる『逆転吉田』漢字を読むのもおぼつかない吉田くんが法廷に出て大丈夫なんでしょうか?

150804gyakuyosi02

証拠をあつめて法廷に。そこには緊迫のドラマが…

まずは本家「逆転裁判」と同様に、証拠あつめに現場へと向かいましょう。なんだか話しかけるのに躊躇してしまう、ヤバそうなひとたちをタップしてはひたすら話しかけ、ポイントを貯めて、貯まったところで、いざ法廷へ!
150804gyakuyosi03
法廷パートで、「逆転裁判」同様の緊迫のドラマが…なんてことはなく、ストーカー事件だと思ったら実は◯◯◯◯だったとか、そもそも事件ですらなかったりとか、「鷹の爪」らしい笑いと意外性に満ちたお話が楽しめます♪なにしろ裁判長は「鷹の爪」の総統で、検事は「ケンジくん」と呼ばれていて…

おまけに証拠品を購入できちゃうのが『逆転吉田』。面倒な捜査もおカネで解決しちゃえます(笑
その他、「特殊捜査」と呼ばれる捜査もハチャメチャ、「ローラー作戦」はお部屋掃除のくるくるローラー捜査だったり。

150804gyakuyosi05
150804gyakuyosi06

捜査→法廷第一話→捜査→法廷第二話…という流れで、やっていくうちに、法廷ストーリー(全20話(2015年7月時点)を読むのが楽しみになり、ついヤバそうな証人たちに話しかけ続けてしまうゲームです。

150804gyakuyosi04

「逆転裁判」シリーズとは似ても似つかぬゲームで、頭を一切使わない法廷ものという、褒めているのか、けなしているのか、わかりにくいかもしれないけれども、オススメのスマホゲームです。

アドバイザーとして「逆転裁判」の登場人物たちが登場したり、細かいネタがあちこちに仕込んであったり、「逆転裁判」ファンはもちろん、一般のゲームファンも、引き込まれていくに間違いないです。是非プレイしてみてくださいね♪

逆転吉田/無料

APPをダウンロードする

※こちらで表記しているアプリの価格は、記事作成当時の価格になります。ダウンロードの際は、必ずお値段をお確かめください!

(作成者:Zaku)

上部へ戻る