さらば眼精疲労!目が疲れないiPhone設定をマスターしよう

小技

20150826_tsukareme_icon

iPhoneを使っていると、楽しすぎて手放せなくなってしまう・・・そんな人も多いのではないでしょうか?
でも長時間使っていると眼精疲労やドライアイのおそれが・・・ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ
そうならない前に知っておきたい、目に負担の少ないiPhoneの設定を紹介します!

画面の明るさの調節

明るすぎる画面は目の疲れの原因に!
画面下を上にスワイプして、コントロールセンターから調節しちゃいましょう。

20150826_tsukareme_001

明るさマークのスライダーで明るさを調節できます。
自動で最適な明るさに調節するには、設定から画面表示と明るさをタップ。
明るさの自動調節をオンにすると最適な明るさをiPhoneが自動判断してくれます!

20150826_tsukareme_002

文字を読む時には明るさを反転

文字の多いページを読んだりする時は、思い切って色を反転するのもアリ!
設定→一般→アクセシビリティをタップし、色を反転をオンにします。
画面は白地に黒の方が目が疲れますので、色味が必要ない時には反転させてしまいましょう。

20150826_tsukareme_003

視覚サポートの設定

視覚サポートでコントラストを設定して目の疲れない画面に調整しましょう。
先ほどのアクセシビリティから、コントラストを上げるをタップ。透明度を下げる、色を濃くする、ホワイトポイントを下げるを全てオンにします。
全て左が通常、右がオンにした状態です。

▼透明度を下げる

20150826_tsukareme_004

透明度を下げると、コントロールセンターやアイコンフォルダが透けなくなり、すっきりと見やすくなります。

▼色を濃くする

20150826_tsukareme_005

色のコントラストが上がり、はっきりとした色あいになります。

▼ホワイトポイントを下げる

20150826_tsukareme_007

白い部分の明るさが抑えられて文字が見やすくなります。

ちょっとわかりにくいですが、ご自分のiPhoneで試してみてください!

いかがでしたか?
ちょっとした設定ですが、目が疲れにくくなりそうです!是非試してみてくださいね♪

Photo:写真AC

(作成者:meisa)

上部へ戻る