【PCなしでもOK!】iCloudにiPhoneのバックアップをとろう

小技

icon

みなさん、iPhoneのバックアップはこまめにとっていますか?
もしなにかあって、iPhoneのデータが全部なくなってしまった…なんてことのないように、こまめにバックアップはとっておきたいものです。

でも、PCがないからバックアップなんてとれない、なんて方もいらっしゃると思います。
そんな方のために、PCなしでバックアップをとる方法をお教えしますね!

自動でバックアップをとる設定

「設定」⇒「iCloud」⇒「バックアップ」
※Wi-Fiに接続されているのが条件です

icloud_01

「iCloudバックアップ」をオン

icloud_02

これで、自動でバックアップの設定が完了しました。電源に接続していて、Wi-Fiに接続されて、ロックされているときにバックアップを自動でしてくれますよ♪

今すぐバックアップをとる方法

先ほどと同じく、「設定」⇒「iCloud」⇒「バックアップ」まで進み、「今すぐバックアップ」をタップします。
※Wi-Fiに接続されているのが条件です

icloud_03

これでしばらく待つと、バックアップが完了します!

icloud_04

iCloudでバックアップできるもの

  • 購入したデジタルデータ(音楽、本、アプリなど)
  • アプリのデータ
  • 連絡先
  • メッセージ(メール・メッセージ内)
  • iPhoneの設定
  • ホーム画面やフォルダ、アプリの配置
  • iPhoneで撮影した写真、動画
  • 着信音
  • などがバックアップできますよ!これだけあればもう安心ですね♪

    iCloudでバックアップするときに注意すること

    iCloudでバックアップをするときに一番多いエラー「iCloudストレージに十分な空き領域がないため、このiPhoneのバックアップは作成できません」になります。つまり、iCloud側の容量が足りないということですね。
    ですので、できる対策は2つです。iCloudのストレージの容量を購入するか、iCloudにバックアップする容量を減らすかです。

    まずは、バックアップする容量の減らし方から紹介します。
    「設定」⇒「iCloud」⇒「容量」⇒「ストレージ管理」⇒「自分のiPhone」とタップしていきましょう。
    「バックアップオプション」の中から、バックアップが必要ないものを選んでオフにしましょう。

    icloud_05

    購入する場合は、
    「設定」⇒「iCloud」⇒「容量」⇒「さらに容量を購入」から、お好きなプランを選び購入してください。

    iCloudから復元

    ※iPhoneを電源に接続しWi-Fiに接続されていることを確認してください。
    ※「設定」⇒「一般」⇒「ストレージ」⇒「ストレージを管理」に、iCloudにバックアップがあるかどうか先に確認してください。

    まずは、iPhoneのデータを削除します。
    「設定」⇒「一般」⇒「リセット」⇒「すべてのコンテンツと設定を消去」
    ⇒「iPhoneを消去」

    icloud_06

    「iPhoneを消去」を選択したら、アップルのロゴと進行状況のバーが出るので、しばらく待ちましょう。次に再起動します
    「Hello」と表示されたらスライドしたり「次へ」を選択していきます。

    「iPhoneを設定」と表示されたら 
    ⇒「iCloudバックアップから復元」⇒「iCloudサインイン」⇒利用規約に同意⇒「バックアップを選択」から、復元したいバックアップを選択⇒「iCloudから復元」という画面になるのでしばらく待ちます。

    iCloudにサインインし、「バックアップを選択」から、復元したいバックアップを選んだら、復元作業が始まります。
    あとは待つだけです(^^♪

    ocloud_07

    「アップデートが完了しました」と出たら「続ける」をタップしiCloudにログイン⇒その他の設定をしていき、「ようこそiPhoneへ」と出たら「さあ、はじめよう!」をタップで完了です。ここからは、その他のアプリのダウンロードが始まります。これが終わればようやく、iPhoneが復元しますよ!

    いかがでしたか?
    バックアップを設定しておくだけで、新しいiPhoneに変えたり、調子が悪くて修理に出したり、なにか問題が起きた時など、すぐに大事なデータの復旧ができますよ♪ぜひ、設定しておきましょう(^^)

    (作成者:W・M)

    上部へ戻る