困った時の最終手段!いざと言うときのリカバリーモード

小技

20150908_passcodei_icon

iPhoneのパスコードを忘れてしまったり、OSの更新時のトラブルでiPhoneが上手く動かない!そんなときにはリカバリーモードでiPhoneを復元しましょう!

【注意】リカバリーモードからiPhoneを復元すると、iPhoneは初期状態になり、データはすべて消えてしまいます。リカバリー後はiTunesやiCloudからデータの復元が可能ですので、復元を開始する前にはバックアップをしておきましょう!

電源が切れたiPhoneをPCに接続する
PCにてiTunesを起動しておき、電源が切れた状態のiPhoneを接続します。その際、iPhoneのホームボタンを押しながらPCと接続することで、iPhoneがリカバリーモードに入ります。

20150908_passcodei_001

「復元」をクリックして開始

iPhoneをリカバリーモードでPCに接続すると、iTunesにポップアップ画面が表示されます。
「復元」ボタンをクリックして、次に進みます。

20150908_passcodei_002

次に、「復元と更新」をクリックします。

20150908_passcodei_003

ソフトウェアの更新内容や、使用規約に同意が求められるので、OKをクリックすると、復元が始まります。

20150908_passcodei_004

アクティベートの設定

iPhoneの復元が開始した後、iPhoneの設定で「iPhoneを探す」をオンにしていた場合は、アクティベートの為にApple IDやパスワードの入力が必要となりますので、入力して「続ける」をクリックします。

20150908_passcodei_005

ここまでの操作で、リカバリーモードからの復元が完了します。

バックアップからのデータ復元

復元が完了すると、iPhoneにて初期設定を再度しなおす必要があります。Wi-Fiなどの設定を一通り行った後、『iPhoneを設定』という画面が表示されますので、iCloudまたはiTunesからデータのバックアップを利用して復元しましょう。

Photo:写真AC

(作成者:meisa)

上部へ戻る