CMでやってるHey Siri!にセキュリティの落とし穴!?

小技

icon

CMでもおなじみのiPhoneの音声認証システムである「Siri」。みなさん利用していますか?冬場の寒さの中で「寒いよ!」と言ってみたら、天気予報が表示され、「気温は7度です。そんなに寒いとは思いません」と返されました(笑)。いや、7度は寒いですよ。Siri!

そんな便利で楽しいSiriですが、一つだけ、注意するべき点がありますので、本日はそのご紹介です。コレはセキュリティ対策としては結構大切だと思いますので、是非チェックしてみてください!

あなたのホーム画面、Siriは使えますか?

まずは試してみるのが早いと思いますので、一旦iPhoneの画面を消して、ホームボタンを押し、ホーム画面を出してみてください。その状態で、ホームボタンを長押しします。そうするとSiriが立ち上がりますか?

siri_01

ここでSiriが立ち上がった人は要注意です。このまま、Siriに「私は誰でしょう?」と話しかけてみてください。

siri_02

なんと!Siri、自分の任務に忠実に私が誰なのか、メアド付きで教えてくれました〜(汗)。その上、電話の着信履歴も尋ねたら見せてくれちゃいます。直近の1件だけなんですけど。(指紋認証を有効にしている場合、Siriを起動するためのホームボタン長押しが、指の腹でべっとり押しているとロック解除と見なされるようで、場合によっては25件表示されます)そして、表示の履歴をタップするとリダイヤルが出来てしまいます。

うっかりiPhoneを落としたりしてしまって、拾った人がもしこれをやっても、当然出来てしまいます。これではパスコードや指紋認証の意味がありません。怖いですね〜。

siri_03

ホーム画面のSiri起動を無効にしましょう!

では、ホーム画面ではSiriを起動させないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?答えは実は簡単で、設定を変更することです。このままでは怖いですから、早速変更しましょう。「設定」から「Touch IDとパスコード」をタップします。

siri_04

タップするとパスコードを入力するよう求められますので、入力するとこのメニューが開きます。メニューの中に「ロック中にアクセスを許可:」という項目があります。この中の「Siri」をオフにしましょう。

siri_05

これで設定変更はOKです。もう一度ホーム画面でホームボタンの長押しをしてみてください。もう、Siriは立ち上がらないはずです。

いかがですか?
普段Siriを使う人も使わない人も、この設定だけはキチンとやっておかないと、いざという時に大変なことになってしまいます。ぜひぜひ一度チェックしてみることをお勧めします!

(作成者:I・Y)

上部へ戻る