写真がちょっとプロっぽい!ワンランク上の撮影術とは?

小技

camera

いつでも手軽に写真が撮れるのもiPhoneの魅力の一つ♪
今回はアシスト機能を使ったワンランク上の撮影術をご紹介します!

黄金比または白銀比

突然ですが「黄金比」とか「白銀比」って言葉、聞いたことありませんか?
四角形の縦の長さと横の長さの比率のうち、名刺とか、ワイド画面などが黄金比で作られているものが多くて、人の感覚に一番しっくりくるというやつです。白銀比の方が少し横幅が狭目で、日本人にはこの方が、 違和感が少ないという説も聞いたことがありますが、この黄金比を写真の構図に用いることで、写真の出来栄えがグンと変わってくるそうなんです。で、それを簡単に確認できるのが、標準カメラの「グリッド」という機能。

グリッド01

このグリッドを表示した状態でカメラを構えて、被写体をグリッドのどこに持ってくるかで、写真の表現を工夫できる、ということなんです。試しに、我が家のベランダから景色を、まずは考えなしに1枚撮りました。

グリッド02

なかなかいい眺めで、私はこのベランダからの眺めが大好きなんですが、これを次はグリッド表示でやってみます。

グリッド03

なるほど。構図を非常に考えやすいですね。どこにスカイツリーを持ってきたら印象的になるのか、いろいろ位置を変えて試してみました。「風景」として考えるときは、3分の1の位置に収めると、広がりが出てカッコよく感じますね。
できた写真が下のものです。

グリッド04

カメラにグリッドを表示してみよう!

では、その「グリッド」を実際にカメラアプリに表示してみましょう。 「設定」の中の「写真とカメラ」をタップします。

グリッド05

メニューの中に「グリッド」がありますので、これをオンにすれば、あなたのカメラでもグリッド表示ができるようになりますよ!

グリッド06

いかがでしたか?
写真を撮る時に少し意識するだけで、仕上がりが変わるものです。
友達の間で、「ちょっと写真のうまい人」と言われちゃうかもしれませんよ♪

(作成者:Y.I)

上部へ戻る