今さら聞けない!メールの「To」「Cc」「Bcc」の違いを徹底解説!

初心者入門

20150923_atesakichigai_icon

iPhoneでメールを打つときに宛先の下に出てくる「Cc」「Bcc」
「これはなに?」と思いながらもメールを送るのに支障はないので、そのままになっている方も多いのでは?違いを覚えて、もっと便利にメールを使いましょう!

「To」とは?

iPhoneメールでは宛先になっていますが、パソコンなどのメールでは「To」と表示されていることもありますね。これは、メールを送りたい相手のアドレスを入れるところです。

20150923_atesakichigai_001

「To」にはいくつでも宛先を入れることができます!
同じメールを複数人に送りたいときは宛先の右端にある“+”をタップして連絡先から相手を追加しましょう!

20150923_atesakichigai_002

通常「To」を使ってやり取りするメールですが、ビジネスの場で取引先と連絡を取り合うとき、送ったことを上司や同僚にも知らせる場面が出てきますね。この時に役立つのが「Cc」なんです♪

「Cc」はCarbon Copy

「Cc」とは“Carbon Copy”の略で複写の意味。メールは「To」の相手の○○さんとやり取りしているので「Cc」で送る相手からの返事は必要ないけれど、メールの内容を確認してほしいとか共有しておきたいという時に「Cc」を追加して送ります。

20150923_atesakichigai_003

「BCC」はBlind Carbon Copy

CC部分の複写の意味は「Cc」と同じですが、“Blind=見えない・隠す”の意味がついています[壁]д・)Ξスッ
「Cc」を入れてメールを送ると、「To」の相手にも「Cc」で別の人にメールを送ったことが分かるのですが、「BCC」を使うと「To」の相手には表示されません!「To」の相手に、他の人にも同じメールを送ったことを隠したいときは「BCC」を使います。

20150923_atesakichigai_004

たくさんの相手にメールを送るとき、メールの相手がお互いに知り合いでメールアドレスを知っていればいいのですが、「Cc」で送ってしまうと知らない相手に間接的にメールアドレスを教えることになってしまいます...(´・ω・`) メールアドレスも個人情報ですから、それでは困りますよね。そんな時も「BCC」が役に立ちます(^◇^)

20150923_atesakichigai_005

「To」「Cc」「Bcc」の違いや使い方は分かりましたか?今回ご紹介した「To」「Cc」「Bcc」を使いこなして、今よりもっとメールを便利に使ってくださいね!

(作成者:meisa)

上部へ戻る