記事で紹介しているアプリ
Crystal Adblock – サファリの広告を削除

【iOS9】Safariの「広告をブロック」して快適に使おう!

小技

icon

iOS 9で実装された「コンテンツブロック機能」。
Safariでネットサーフィン中に現れるweb広告を表示しないようにできる機能ですが、コンテンツブロック機能を搭載したアプリを使用する必要があるんです。

広告が出ないと、とっても快適!

何も設定しない状態でSafariを利用すると、こんな感じでちょこちょこと広告が入ります。

20151001_koukoku_001

これからご紹介する方法を使って、広告をブロックした同じページはこんな感じです。
広告がなくなる分、画面がすっきりしますね!

20151001_koukoku_002

実は広告を表示していると、広告の画像データのダウンロードに、時間もデータ通信量も消費しているんです。
広告をブロックすることで、よりサクサク快適にwebを利用できるようになりますよ(o^-‘)b グッ!

広告をブロックするアプリはいくつかありますが、今回は「Crystal」というアプリを使う方法をご紹介します。
App storeでダウンロードしましょう。

20151001_koukoku_003

アプリを立ち上げると設定方法が出てくるので、それに従って設定をしていきます!

20151001_koukoku_004

まずは「設定」アプリを立ち上げて「Safari」をタップ!

20151001_koukoku_005

次に「コンテンツブロッカー」をタップ!

20151001_koukoku_006

「Crystal」をオン(緑)にすれば、設定完了!
より快適になったSafariで、ネットサーフィンを楽しんでください☆

最後に注意点ですφ(゚ー゚*) フムフム

対応機種は、iPhone5s以降のシリーズです。iPhone5sより前の機種の方は、最新の情報を確認してからご利用ください。
対応OSは、iOS9以降となります。「iOS 9」へのアップデートを忘れずに!(・ω・)ゞ

Crystal – Block Ads, Browse Faster/¥120

APPをダウンロードする

※こちらで表記しているアプリの価格は、記事作成当時の価格になります。ダウンロードの際は、必ずお値段をお確かめください!

(作成者:meisa)

上部へ戻る