記事で紹介しているアプリ
友達を探す

【iOS 9】「友達を探す」は自分の居場所を常に送信してるの?

小技

20151001_shareoff_icon

iOS 9での新機能「友達を探す」。自分の位置情報をリアルタイムで送信して友達に知らせてるのではと、ちょっと不安ですよね…(-_-;)

20151001_shareoff_001

「友達を探す」は位置情報を共有した相手と、お互いに居場所をやり取りできる便利なアプリ。待ち合わせのときや迷子になった子どもを探すときなどに使えそうです。
20151001_shareoff_002

そもそもお互いが共有することを許可しなければ位置情報を送信することはないし、決められた時間内しか共有できないので安心してくださいね(^^♪

20151001_shareoff_003

それでもまだ不安…というときは、設定で無効にすることができます!
変更する部分は2か所あるので、順番にやっていきましょう。

まずは共有の申請を届かなくする設定。 “設定”から“通知”→“友達を探す” とタップ

“通知を許可” をオフにします。
これで相手が招待メールを送っても、自分のiPhoneには通知が届きません。

20151001_shareoff_005

次は位置情報を送信する、位置情報サービスを止めておきましょう。
こちらも “設定”から。“プライバシー” →“位置情報サービス” とタップすると…。

20151001_shareoff_006

下のほうに “友達を探す” があるので、これをタップして“許可しない”にチェックを入れます。

20151001_shareoff_007

これで「友達を探す」が無効になりました。必要な時は逆に設定しなおせば、いつでも共有設定を戻すことができます (^^♪ぜひ覚えて使ってみてくださいね!

(作成者:meisa)

上部へ戻る