【初心者必見!】スリープボタン/ホームボタンの機能まとめ

初心者入門

20151006_sleep_icon

今回はスリープボタンホームボタンの機能についてご紹介!

1.スリープボタンの機能をチェック

スリープボタンは、iPhone 6以降であればiPhoneの右側面、以前のモデルであれば上側面についているボタン。いわばiPhoneのオン/オフのためのボタンです。

①スリープ状態からボタンを押す

20151006_sleep_001

iPhoneが真っ暗な状態のスリープ画面から、スリープボタンを押すとロック中の画面が表示されます。
画面を右にスワイプすることで、ホーム画面に移動できます。

②起動状態からボタンを押す

iPhone起動中にスリープボタンを押すと、画面が暗くなり即座にスリープ状態になります。ちなみにスリープ中は、ほとんどバッテリーが消費されません。

③スリープボタンを長押しする

スリープ中、起動中に関わらず、スリープボタンを長押しすると、電源オフの確認画面が出てきます。電源を切りたいときは、左にスワイプしましょう。

④自動ロックについて

20151006_sleep_002

iPhoneは、スリープボタンを都度押さなくても、既定の時間が過ぎれば自動的にスリープする設定になっています。
スリープ画面への移行の時間は自分で設定可能です。

設定は、「設定」アプリの「一般」→「自動ロック」から行います。

20151006_sleep_003

30秒から5分まで選択できます。
スリープボタンを押さない限り、スリープ状態にさせないという設定も可能です。

2.ホームボタンの機能をチェック

ホームボタンとは、iPhone画面の下にある丸いボタンのことです。
基本的に、即座にホームに戻りたい場合に使えるボタンですが、その他の機能についても見ていきましょう。

①ホームボタンを素早く2回押す

20151006_sleep_004

ホームボタンを2回押すと、自分が開いているアプリの一覧が表示されます。
アプリの切り替えにも使えますし、上にスワイプすると履歴を削除することが可能です。

②ホームボタンを長押しする

20151006_sleep_005

Siriをオンにしていると、ホームボタンの長押しでSiriの画面になります。
Siriとは、話しかけることで検索などを行ってくれる便利な機能!言葉次第では会話もできます(oゝω・o)ノ

スリープボタンとホームボタンについて、一通り解説しました。ワンタッチでできる操作ばかりなので、ぜひ活用してみてください(^^)

(作成者:meisa)

上部へ戻る