iPhoneの「再起動」と「リセット」ちゃんと使い分けてる?

初心者入門

20151020_chigai_icon

iPhoneを使っていたら…「動きが遅い!」「フリーズした( ̄ロ ̄lll)」こんなときは「再起動」や「リセット」をかける人が多いと思います。
でも、ちょっと待って!

20151020_chigai_001

そのトラブル、もしかしたら「リセット」までしなくても大丈夫かもしれません。

大まかにいうと、通常の状態で電源を切って、もう一度電源を入れなおす作業が「再起動」
むりやり電源を切って、強制終了させてから電源を入れるのが「リセット」です。

場合によっては「再起動」しなくても復活できることもあるので、ご紹介します。

第一段階、マルチタスク画面からアプリを終了させよう!

iPhoneの動きがおかしい、そう感じたら、まずはマルチタスク画面からアプリを終了してみてください。

マルチタスク画面を呼び出すには、iPhoneの画面のすぐ下にあるホーム画面を、すばやく2回押してください。
すると、このように起動中のアプリがズラーっと並んで表示されます。終了させたいアプリを上にスワイプすればOKです。

20151020_chigai_002

この操作を行って、動きが改善されたのなら「再起動」も「リセット」も必要ありません☆

それでもだめなら「再起動」!

再起動を行う前に、まずは作業中のデータは全て保存しておきましょう。次に、ホーム画面に戻ってiPhoneの上の方にある電源ボタンを長押ししてください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「スライドで電源オフ」という表示がでたら、電源ボタンから指を離してバーを右にスライド。
これで、電源がオフにできます。
画面が真っ暗になって完全に電源が切れたら、再度電源ボタンを長押しして電源をオンにしてください。

最後の手段「リセット」!

どのボタンを押しても操作できない、電源ボタンを押しても電源オフにならないなど、iPhoneが操作を受け付けなくなったら、最後の手段として「リセット」を行います。

あ、リセットといってもデータなどを消去してまっさらに戻してしまうわけではなく、パソコンでいう強制終了と同じようなものなので、心配しないでくださいね。
※ただし「リセット」を行うと、保存していない作業中のデータは消えてしまうことはありますので、ご注意ください。

「リセット」を行うには、電源ボタンとホームボタンをApple社のりんごのマークがでるまで、同時に長押し(公式サイトによると10秒以上)してください。

いかがでしたでしょうか?トラブルの程度によって、使い分けてみてくださいね。

(作成者:meisa)

上部へ戻る